軽運送業をはじめたいと思う方が一番知りたいことはこのことでしょう。

仕事を選ばなければ可能です。

これが結論です。

普通の求人情報と一緒です。
無料の求人情報誌に出されている定番職種と同じように3Kと呼ばれるような「きつい・きたない・きけん」といったようなものが、軽運送にもあります。

よく「やった分だけ自分の収入に!」とか言って40万以上稼げるような誇大広告を見ますが、はっきり言ってウソではありません。簡単に解説しますと。。。

・出来高の仕事
1配送ごとの料金設定(スポット)
日当制

など仕事によって報酬をもらう形が様々あります。

今回は出来高の仕事の代表宅配の仕事にスポットを当ててみたいと思います。

出来高の仕事は、主にクロ〇〇ヤマ〇 や 〇ガワ〇便などといった大手運送会社の個人のお宅に荷物を届ける”宅配”と呼ばれるものが代表的です。軽運送を始めて間もない方々は宅配の仕事が必ずと言っていいほど回ってきます。1個荷物を届けると150円前後の報酬で、「頑張れば100個以上配れるエリアを担当させてあげる」といって、新人さんは頭の中でそろばんをはじきます。1個150円で100個で15000円。1カ月25日稼働したら37万5千円になります。120個を25日間毎日クリアできれば45万円以上の収入になります。
これで楽に生活できる!この仕事を紹介してくれた人に感謝をしながらいざ仕事を始めてみると、、、

スポンサーリンク


確かに荷物は毎日ある。
でも、慣れるまではどの番地がどこなのか分からず1日60個配達完了できれば良い方です。
実際には100件以上回るのですが、不在が多い。不在は配達完了とならず持ち帰りとなるため収入にはなりません。そのため、最初のうちは道をおぼえるまで人それぞれの時間がかかるため50個前後の配達完了数。道をおぼえてきても次は不在が多いため配達完了数が伸び悩む。80個いけばいい方、といったエリアもあります。また、エリアによっては繁忙期は爆発するが閑散期は荷物量がない、せっかくスキルを上げても配るものがない。よって数が伸び悩む。
人によって様々ではありますが、宅配に慣れるまで1カ月で一人前になる人もいれば3カ月かかる人もいる。
この間の収入は月に15万円利益が残る人もいれば10万円に届かない人もいる。
さらに追い打ちをかけるのは、拘束時間。
配達開始可能時間はたいてい朝9時から。ところがそれまでに当日配る荷物を車に積み込まなくてはなりません。初心者はまずこの作業が時間がかかる。1個1個荷物をそろえて車に積み込むが、どのエリアから配り始めるかで積み方が違う。エリアの最後から積み込んでいって最後に積み込む荷物が最初の荷物にしなければならない。もしくはあける扉の近くにどのエリアの分かを把握しながら積み込む必要がある。
慣れてくればどうといったことのない作業かもしれないが、この積み込みに時間がかかるため新人さんの場合6時過ぎに出勤して作業に当たることが多い。これだけ早く作業場に入るにはもう一つ理由がある。
車を置くスペースの確保だ。ただでさえ作業の遅い新人はベテランが来た後では車を止める場所すら難儀する。作業場所も隅っこになりやりにくさでさらに遅くなる。そのため、配達開始は9時からといってもほとんどが6時7時から積み込み作業開始となる。
そして、配達できる時間は夜9時ごろが多い。そのあと、戻ってきて配達できた分の伝票処理、配達できなかった分の荷物の処理・伝票の処理、で慣れるまではまた時間がかかる。遅いと23時を回る。下手すると0時を回る。そして、翌朝はまた朝早くからの作業が待っている。

ここら辺が宅配の実態ではないでしょうか?
確かに配った分だけ稼げます。
繁忙期には40万円を超えてくる方もいるでしょう。

ただ、独立を志しいざ軽運送ではじめる最初の仕事が宅配だった場合、あなたは耐えられますか?
この最初のハードルをクリアできれば後は比較的安定した収入を稼ぐことができます。

一度宅配で安定すれば、後はずっとそのエリアで毎日同じことを繰り返すわけですから比較的収入は安定します。さらに、繁忙期には慣れたエリアで荷物だけが多くなるので、広告にある通り配ったら配った分だけの収入を確保できます。このサイクルが分かれば、稼げる時期に稼いで、そうでないときはこのくらいといった収入のサイクルも見えてくるので宅配で成功しているドライバーの方はずっと同じ宅配の仕事をやっている方が多いです。

しかし、この最初のハードルでつまづく人が多いのが実態です。
宅配ドライバーは新しい人が入りやめていくため常にドライバーを募集することになります。
だから、新人ドライバーに宅配の仕事が回ってくるのです。

ウソは言ってません。
確かに頑張れば稼げる仕事です。

ただ、実態を言わないだけです。

この宅配の仕事が出来高の仕事の代表です。