このお仕事、実は伏線がありまして。。。

2014年の11月、灯油の配送のスタートの時だけ、立ち会いに来られる担当者が去年と同じ人だった、ということによってこのお話は展開されることになるのです。

この担当者と1年ぶりにあった私はこの時すでにもう一つのエリアも自分のところからドライバーを入れていました。
そういった意味で軽い気持ちで何かあったら連絡してもらえるとうれしいです!的に私の連絡先を教えていました。

2、3週間すると突然電話が鳴ります。
もし、時間があったらこちらに来てください、と住所を教えてもらいました。

当日、言われた場所に行ってみると、その担当者が出迎えてくれました。
打ち合わせをするような場所に通されると、そこの所長さんがやってきて名刺をくれました。

よくよく聞けば、その会社、のその支社はその2人が東京からと大阪から転勤できていて
もう一人は福岡で採用した、社員3人しかいない会社だそうで。。。
自分も埼玉出身でこちらに転勤でやってきて、気づけば会社が倒産しました!
と伝えると2人とも真っ青になってました(笑)

結果的には、軽運送のお仕事はないそうですが、何かあったら連絡しますとのことでした。

そして、1カ月くらいたった年末。
福岡はそこまで影響はなかったのですが、大雪が降った翌日。
この所長さんから電話が鳴りました。
夕方くらいだったと思います。

「いまから大阪でとまってる荷物を引き取って明日の昼過ぎに大分に直接持っていってほしい荷物がある」

とのこと。

いまであれば喜んで自分が行きますが、この当時の自分にはそれだけの余裕がありませんでした。
でも、何とかしたいと思い、ルート配送の仕事をもらっていた社長に相談をしてみました。
すると、
「それだけの案件だとある程度の金額を出してもらわないとドライバー探しはむずかしいだろう」
と言われました。
もう一度、そのままの話を所長さんにお話をして、ある程度のすり合わせをした上で
この社長さんから手配をしてもらえることになりました。
結果的に、私は仲介したのみではありましたが、このとき、こんな形でいろいろなお仕事は
動いていくのだな、と実感しました。

その上で、まぁめったにないからスポットなんだろう、くらいにしか思っておりませんで
完全に頭からは忘れ去られていたその所長さんから電話が鳴ったのは、半年後のことでした。

この日の私は、前日夜からの新聞終わりで寝たのは4:00前後。
その日は午後から野菜の集荷に行く予定になっていましたので、
昼くらいまでは寝ておこうと爆睡していたと思います。

スポンサーリンク


突然鳴り出した電話をとってみると、その所長さん。

「今から動けます?」

ボーっとした頭を起こしながら話を聞いていくと、今からその会社にものをとって
高速道路で熊本まで行ってほしいとのこと。
野菜の集荷が頭にはありましたが、集荷に関しては時間はけっこう融通が利くので
私は寝ぼけ眼のままその会社に向かいました。

行ってみると、小さなダンボール。
その中には書類が一枚と小さな部品が何点か入っていました。

それ、だけ、でした。。。

どうやら大型トラックが積み忘れた荷物らしく、その書類が重要らしかったです。

受け取って納品先の住所が記載されている紙をもらうと、早速荷物を助手席に置き
ナビに住所を入力。
高速で2時間。
行って帰って往復で4時間くらい。
9:30くらいにその会社を出て遅くとも14:00には野菜の集荷の方に回れるかな、
と思いつつ出発。
行きはやはり2時間くらいで到着。
場所がちょっと分かりにくかったですが何とかたどり着くと恐る恐る事務所の中へ。。

外はあいにくの雨。
担当者は誰もおらず、事務らしき女性が1人だけだったと記憶しています。
その段ボールを渡すと、
「わざわざ持ってきていただいたんですね」
と一言。
どうやら後日送られてくると思っていたみたいでした。

そのまま荷物を渡すと、来た道を引き返すために出発。
帰りも何の気なしに高速道路を疾走していましたが、この会社。
往復の高速代が出るのです。
普通の軽運送の感覚ではあまりないようですが
この仕事が初めてだった私は全く気にせず、野菜の配送に向かっていました。
運良く、自宅に帰るよりも野菜の集荷の会社はその手前にあったため、
13:30前後には到着し無事に野菜の集荷を終えることができました。

請求書については前回の大阪の時に済ませてはいましたが、
今回もどぎまぎしながら作成しお送りさせていただきました。

これは後日談ですが、この次この会社からスポットがあるのが7月になるのですが
この7月のタイミングで法人化した私は7月の請求書を送った際、
この会社の所長から電話が鳴り、今後は株式会社でないと仕事を振れなくなったと
連絡が入ったのです。
何というタイミングだろうとは思いましたが、今もこの会社との取引は継続しています。。

そんなこんなで初めての(厳密にいえばそうではないのですが、、、)スポットのお仕事でした。。

軽運送の遍歴に戻る