今年も暑い季節がやってきました。

今回は長距離輸送のお話はなかったのが少しさみしい気もしましたが、現場はそれどころではないくらいにバタバタしておりました。毎月のように新規の案件が増えていく中で、おすしの配達の依頼が7月半ばから毎週のようにやってきていました。

そんな中、7月の半ばにはお盆の日程がある程度でそろいました。
毎年お世話になっているお花屋さんからはお盆前の3日間。
そして、おすしの配達に関しては福岡市内の6店舗から各3台平均。最大5台。
8/13、8/14、8/15の3日間に集中はしましたが、1日最大で20台となりました。

今回はさすがに台数を減らさないと全部は対応しきれないかなとも思いました。
そんな中、お盆前の週から新規案件スタート。
また、同じ時期に冷蔵車の案件もスタートするとかしないとか。。

いろいろな情報に振り回されながらも何とか人の手配を完成し、今回も去年同様自分もおすしの配達に走りました。

私自身は去年と同じ店舗でシフトを組みましたが、この店舗そのものが1年ぶりの依頼でした。
それでも中の人たちはけっこう覚えている顔もいて、比較的なじみやすかったですね。
配達エリアも1年ぶりとはいえ、けっこう覚えているもので住所を見ればだいたいの場所が分かったので本当に配りやすかったです。
やはり、現場で一番楽しいことはお客さんとざっくばらんなお話をすることでしょうか?
「めちゃめちゃ忙しいですよ」
「お店の中は戦場になってますよ」
「今日は臨時でいらいされてるんです」
とか、いくお宅行くお宅で愛想を振りまいて帰ってきてました(笑)

スポンサーリンク


お店でもスタッフに人声ふた声かけてみたり。。
このお仕事、どんな仕事でもそうだと思いますが、いかに自分のホームに変えていけるかで、働きやすさはまったく違ってきます。
1年に1回しか来なくても、去年からの流れでだいぶ居心地が違いました。

仕事自体はおすしの配達なので、デリバリーと一緒です。
1件~3件分車に積んで配達をしていく。
お金のやり取りもあるので慎重に。
で、配達終わったら帰ってくる。

3日間ともお金は誤差なし、でした。
そんなに難しい仕事でもないですし、自分的には楽しい部類に入る仕事かなと思いますが、お客さんと顔を合わせるのが苦手な人には難しく感じる仕事でしょうか?

今回のお盆は累計でも50台前後の大型スポットに発展しました。
また、来年も、という前に、それぞれのお店からは「次は年末ですね」というお言葉ももらえました。
ありがたいことです。
次は年末をにらんで、地に足付けて頑張ろうと思いました。。

軽運送の遍歴に戻る