このお仕事、以前からずっと目をつけていたお仕事ではあるのですが。。

新聞の配送で入り込んでいたときに知り合ったおせちの配送を手配してくれている人の代走です。
いつも、丸梱と呼ばれる新聞の束を一つだけ抱えて出ていく姿を見ていたので、そのお仕事やりたいなーと思っていました。

この時期、ちょうど12月の年末の繁忙期にいつも頼んでいたドライバーが辞めたらしく、私が1週間のうちの土日だけ担当することになりました。

いつも頼まれている新聞の会社ではない業者さんで私も面接に行きました。
顔合わせだけ済ませ、実際に横乗りをしてみると。。。

新聞の印刷工場はトス。
そこから、高速道路にのり天神北でおり、下道で5分くらい走ると落とし場所がありました。
そこのガードマンの人に渡して終わり。。

高速道路で走っているのはゆっくり走っても30分から35分くらい。
飛ばせば30分かからないかもしれません。。

いつもやっている新聞とは少し面倒なこともありましたが、それでも仕事はとても楽な仕事でした。

実際には0:50分くらいに印刷された新聞がでてきて、1:30分前後に落とし終わるような感じでした。

単価もとても安かったですが、将来このお仕事が毎日取れたらいいなと思い、まずは土日だけ食い込んでいくことにしました。

スポンサーリンク


やっていくと、どうやら、この仕事、この便の前にも誰かが走っているようで、その人が走れないときはポイントポイントで依頼が来るようで、この12月も早速自分のところにも依頼が来ました。
その便は22:30~40くらいに新聞が出てきて、高速を使って23:20~30くらいにまず届け、今度はした道でまたトスに戻り(50分~60分?)、0:30過ぎに戻って、0:50の便をもう一度同じ場所にもっていく、というコースでした。

これは、単純に単価2倍になって、時間もそこまで取られないので非常に重宝しました。

翌年の2月には、嫁のために(毎日夕刊を走ってます)、ミライースを購入したので、夜のこの便はそのミライースで毎回自分が走っていました。

4月には熊本の地震の影響で高速道路が止まった関係で、前半の便が毎日60分以上繰り上げ(1時間早く新聞が出る)だったので、毎回高速を使わずに下道で赤坂まで走り、帰りも下道でトスに戻り、次の0:50の便も下道で走っていました。
下道で行っても、頑張れば40分で到着できました。
つまり、高速道路をゆっくり走っているときとほとんど遜色なく走れたので、慣れてくるといつも下道で対応していました。。

仕事は単純だし、コースも毎回一緒なので、いつもCDを聞きながらのドライブ感覚でした。。
2回走りの時はたいてい、ラーメンを帰りに食べて帰ってました。。

この仕事も経費削減のあおりをくらい、2017年の2月いっぱいで私の中で惜しまれながら終了となりましたが、こんな仕事があれば、またやりたいなーと思っています。

軽運送の遍歴に戻る