はじめて生花を扱う仕事ですね。
配送・・・
まぁ、配送と言えば配送ですが。。

そんなお仕事でしたね。

「灯油の配送のサイクルが火曜木曜土曜だから、月曜水曜金曜の仕事出来ますよね??」

相変わらず、何の仕事なのか?
詳細はまったくわからない切りだし方。。
この仕事もいつもの営業さんから連絡をいただき。。

よくよく聞けば、花の下ろしの会社の依頼だそうで。
福岡にある花市場から買い取った商品を一旦自社に持ち帰り、仕分けをしたうえで
お花屋さんに配送するという仕事。

仕事が始まる前にいつもの営業さんと顔合わせに。
場所が分かりにくく迷いましたが、一度行っておけば何とかなるなと思いました。
担当の方はかなり若く見えました。
ジージャンにジーパン。
紙は茶色だし、ピアスもしてる。。
でも、言葉づかいなんかはきっちりしている方でした。。

現場は花をストックしている倉庫みたいなところでした。
大きな冷蔵庫もあり、温度管理なんかもしているようでした。

現場はその担当者と女性が二人の三人の現場らしく、その時紹介もされました。

そして、いざ初日。

花の仕事の朝はとても早いです。
朝3:30に出勤して市場に商品を取りに行きます。
リストに沿って個数チェックして数を確認できたら車に詰め込みます。。
簡単に書いてますが、この仕事が始まったのは2014年の年末付近から。
屋外は凍てつくような寒さです。
ましてや深夜ともなれば、、、
市場の中はとても冷えています。
しかし、大きな台車に仕分けされている花の段ボールや鉢を
カラ台車に分けながら、積み替えていきます。
そうすることで、区分けされたリストの個数がチェックできるようになるのです。
これは、初日、その担当者が最初だけ一緒にピックアップしてくれ
やり方を教わりました。

それぞれの花にはラベルが貼ってあり番号が書いてありました。
基本的にはリストにのっているもの以外のものは市場の方で仕分けしてくれているので
あり得ません。

そのラベルを5通りくらいに分け終わるのに、いったんすべての段ボールや鉢を積み替えるので
汗びっしょりになりました。
そとは寒いはずなのに。。

3:40くらいから始めて、最初のころは1時間半くらいはかかったと思います。
6:00を回ると一般客が入ってくるらしく、仕分けが終わった後はピストンで倉庫に運び込みます。

担当者の方と女性の1人は久留米の方の花市場に品物を取りに行くらしく
倉庫にはもう一人の女性しかいないため、私の方に手伝いに来ることができないようで
私はもくもくと市場からピッキングした花を運びこんでいきます。
2~3回転してようやくすべての品物を運び込むころには6:00を回っていました。

スポンサーリンク


この仕事の大変な部分はここからでした。。

運び込んだ品物を全て段ボールから花をとり出し、水につけていきます。
わたくし、花の名前はまったく分かりません。。
で、ともかく花の扱いに気を使いながらどんどん段ボールから出していき
ようやく終わるころには。。。

7:00を回っていない。。

で、ここからは一つ一つその女性に指示をもらいながら
次はこの花を〇本ずつラッピング。
仕分けた鉢のこのエリアをここの冷蔵庫に。
ラッピングした花に値札をつけて。。

そう、このお仕事。
内勤があるんです。。
しかも、決まってないため
毎回指示をもらいながら。。
とても気を使うお仕事でした。。

さらにいうと
時間がたつのがとてもおそい。
軽運送を始めてから、気を使う瞬間はいっぱいありましたが
長い時間気を使い続ける仕事はなかなか骨が折れますね。。。

なかなか時間がたたないながらも
朝になり、7:00を回るころ久留米に行っていた二人が戻ってきて
また、ダンボールから花を出します。鉢に水を入れ入れ替えます。
ラッピングします。新聞で包みます。

そうこうしてようやく8:00を回るとその日の配達する分の
仕分けが始まります。
結局早く出発しても相手のお店が開いていないので配送することができないのです。。

最初の日はまた担当者がそれぞれのお店を教えてくれました。
5件くらいだったでしょうか?

最後は天神の先の方のお店におろして終了でした。
その後倉庫に戻ってきたのは11:00前くらい。

ようやく終わったという感じでしたね。。

なかなか大変な仕事だと思いました。
内勤の仕事って、この軽運送で慣れてしまうとけっこう大変。。

でも、この仕事を通してひとつ分かったことがありました。
この仕事おそらく配送がメインのお仕事ではありません。
ただ、「配送もする」仕事には間違いではない。

軽運送が今後どこに向かうのか?
自分が今後どんな仕事をしていくのか?
大きなヒントが隠されていました。

このときはただただ内勤は気を使うので大変だなぁとしか思いませんでしたが(笑)

この仕事1月からは、元唐揚げやさんの店長さんが引き継いでくれたので
ほとんど自分はやっていないのですが(笑)(実質5~6回)
なぜか今でもこのときの記憶は鮮明に残ってますね。。
それくらい大変だったんだろうと思いますが。。
このお仕事、この唐揚げやさんの店長さんが約2年くらい続けてくれることになり
その後若いドライバー(30歳くらい)が引き継ぐことになるのです。。

ともかく、内勤がある配送のお仕事、花の配送(週3回)でした。。

軽運送の遍歴に戻る