医薬品の配送がいっぱいあってどれがどれだかわからなくなってますね(汗)

今回のお仕事はいつもの営業さんではなく、他の営業さんからの依頼でした。
なんでも、、
マニュアルの運転が不安で、運転をしてほしいとの変な依頼でした。

今回のお仕事は動物病院に配達する動物用の医薬品の配送。
本来はレギュラードライバーが、ホロ車で走っているそうなんですが、この日に急に予定が入ったとか何とか。で、営業さんの体は空いているので、その営業さんが走る予定だったそうなんですが、親会社に余っている車両で、ホロ車はマニュアルしかないようで。。
その営業さん、自分で車を持っていないようで、営業者はオートマ。
免許自体はマニュアルらしいのですが、一度そのマニュアルホロ車を運転してみたところ、数メートル進むのにエンストの嵐だったらしく、、、
こちらに依頼が来たようです(汗)

たまたま、私もホロ車が空いていたので、その車両で現地に入りました。

その営業さんと合流しましたが、ともかく、ピッキングが面倒でした。。
10時に現地入りしたのですが、出発したのは11時を過ぎていました。
直方方面から北九州、最終は門司までの長距離輸送。
隣には終日営業さんと一緒にいろいろな話をしながらの1日となりました。

スポンサーリンク


配送先は動物病院で、それぞれ癖のあるところ、時間指定のうるさいところ、いろいろありました。
ただ、ほとんど毎回同じルート見たいで、レギュラードライバーは1週間くらいでほとんどの病院をおぼえてしまうらしく、稼働しているレギュラーの方は年配の方が多いみたいでした。

仕事自体は病院を回っていく感じなのでそこまで難しくは感じませんでしたね。
レギュラーで入り込めばもっと楽になるだろうと思います。
この仕事、そのごも何回も依頼が来ることになるのですが、比較的ぶっつけで行ってもほとんどの方が無難にこなしているので、自分以外のドライバーでもレベル的には簡単なのかな?と思います。

このときは、営業さんといろいろな話をしましたが、私がやっている不動産投資にとても興味を持ったらしく、質問攻めにあいました(笑)
話の展開で、どうやら、親会社を辞めて独立するような感じのお話もしていましたね。
実際、この営業さんは数年後この会社を辞めて独立するのですが、その時もうちの事務所に来ていろいろなことを参考に意見を聞きに来ました。。

人と人とのつながりって大事ですよね。。

ともかくも「医薬品の代走」でした。。

軽運送の遍歴に戻る