この仕事はゴールデンウィーク明けの母の日限定2日間の花の配送のお仕事でした。

あさ、大通りに面して、カメラ屋さんの隣の敷地にそのお花屋さんはありました。
普通のお花屋さんです。

初日は知らないドライバーが1人やってきました。
結構若いドライバーで、自分以外にも若手の人がいるんだなぁと思いました。軽運送っておじいちゃんばかりだと思っていましたので。。

そのドライバーと2人で花屋さんの中に入り説明を受けました。
伝票の処理です。
自身を持って言えますが、花の種類はまったくわかりません。。

どうやら、車に積み込みをするのはお花屋さんのスタッフの方のようでした。
花が倒れないように、専用?のプラスチックの台を設置し、なおかつブロックで台ごと倒れないような工夫もしてもらいました。

お金の集金はありませんでしたし、お花一つ一つに届け先の住所・名前を書いた用紙が貼られていたので、間違えることもないと思いました。

実際配送が始まると、1回あたり5~7件分を持たされて配送スタートとなりました。
花屋さんのスタッフさんから聞くと、1年で1番忙しいのがこの母の日だそうで、この日も自分たち2台のほかにスタッフさんも3~4台配送で動いていました。
普段はスタッフさんだけで配送を行っているのでしょう。
この日は本当に特別な日なのだろうなと思いつつ配送開始。

実際に行ってみると結構範囲は広かったですね。
土曜日ということもあり午後になるとどの道も混みだしてきて配送はしづらい感じでした。
もう1台のドライバーとは朝だけ会ったきりほとんど顔を合わせることなく、配送後に帰ってはまたすぐに配送とひたすら配送づくしの一日でした。

配送中、自分の車は荷室がカーペット敷きだったので、水がところどころ漏れだしたり、花弁が落ちたり花粉が飛んだり結構騒がしかったですが、すべてのお花たちが倒れず無事に届け先に到達することができました。。

スポンサーリンク


そんな中でもお昼休憩はお店の方からとってくださいと言われ、500円をいただきました。
今までこんなことはなかったですが、気が利いてるなぁと思った次第です。。

配送が終わると、今日いたドライバーと少し会話。
どうやら軽運送業開始一発目の仕事だったようです。
明日から他の現場でレギュラーの仕事が決まったようでした。
倉庫?倉庫内作業メイン?の仕事のようでしばらくそこに入り込むとのことでした。
軽く会話した後、もし何かあればと思い名刺は渡しておきました。

2日目。
昨日のドライバーは来ないことを知っていましたので、今日の3台口いったいどんな人が来るのか楽しみにしておりました。
結構な年配の方とひょろ長い出来そうな人が来ました。

この日の人たちは回転が早く、終了の1時間前には終わってしまいました。
お店の人には早く上がってよいとのことでしたが、お花を配送するための倉庫のようなところで出された差し入れなどをつまみながら、これまでの軽運送のお話をすることになりました。

このひょろ長いドライバーの方は10年くらい?(だったと思います)軽運送をやってきて、今は倉庫内作業をやっているとのこと。
そういえば昨日のドライバーもそんなことを言っていたなぁと思い聞いてみると明日からその人が入ってくるとのこと。
この人は医薬品やリサイクルショップや、いろいろな所に配送に行っていたようで面白い人でした。
もう一人の人はいまは交通整理用の資材を運んでいるとのこと。
自分がやっている仕事なんかにとても興味を示して、こっちの年配の人には名刺を渡しました。

なかなかドライバー同士で話をすることがないのでこういう機会はとても有意義だなぁと思いました。

また次どこで会うかはわかりませんが、人と人とのつながりは大事にしたいなぁと思いましたね。。

このときであった3人が3人ともいろいろな形でこの後私の仕事に絡んでくるとはつゆ知らずこのときはこんなお花の配送もあるんだな、という感じで終わるのでした。。。

軽運送の遍歴に戻る