昨日からの大雨で、朝倉市を中心としたエリアがものすごいことになっています。。

軽運送業を行っている、私の取引先でも、朝倉エリアを野菜の集荷をしている業者さんがいますが、集荷すべき野菜が全滅で、他のエリアから野菜を集めているとの連絡が入りました。

農家の多い地域ですから、福岡県中心に野菜の値段が上がる可能性もあるのかな?と勝手に思っています。現地に行ったメンバーからは、道路と歩道の境が全く分からないらしく、そうこうは非常に注意が必要だ、との連絡も入っていますし、また、通行止め等の迂回を必要とする道路もあるようで、普段はそこまで渋滞するような道ではないところで局地的な渋滞などもあるようです。

一昨年の大雪の時もそうでしたが、郊外に行けばいくほど被害状況はひどくなる傾向にあります。そのときも、福岡市内はそこまでひどい積雪を観測しませんでしたが、高速道路・都市高速の通行止めに伴う国道3号線を中心とする、九州南北の幹線道路はひどい渋滞が何日も続きました。

スポンサーリンク


今回の大雨での高速道路等の通行止めは今のところ部分的なもので、そこまでひどい状況にはなっていませんが、今年の夏はこんな状況がまだまだあり得るため、いろいろな対策をしていかないといけません。
物流においては、どうしても止めることのできない配送業務が比較的多いです。
糖尿病投薬のための薬品配送や、新聞の配送業務、そのほかいろいろな部分で遅れていい荷物というものはありません。

夏も本番に向かうにつれて、バッテリー上がりなどのメンテナンス。
冬ほどではないにしても、夏も車の異常は起こりやすい季節です。

突発的な対応はしすぎることはないと思います。

しかし、今回の大雨はなかなか予測はつかないですね。
朝起きたら車両が水没していたといった場合などは、対策のしようもないですからね。
もちろん、その場合、ドライバー本人の安否確認が先になるでしょうが。。

今後もまだ豪雨が続くようですが、これ以上の被害が出ないことを祈りつつ、自分の方でもできることをやっていきたいと思いました。