今年もこの季節がやってきました。

大宰府エリアはまず間違いなくあるだろうと思っていました。
しかし、昨年度の実績から、那珂川エリアと宇美エリアはないだろうと思っていました。

直前になって、両方ともあるとか、那珂川はありそうとか、いろいろ噂は飛び交っていましたが、最終的には那珂川エリアだけがあり、大宰府との2エリアがこの年の稼働でした。

人もある程度増え、仕事もある程度あったこの年は大宰府エリアだけを固定し、那珂川エリアは流動的な対応となりました。
そのおかげで、毎週毎週誰が担当だの、自分がフォローに回ったりだの、ともかく大変な灯油の配達でした。。
11月スタートの1ヶ月間は水曜日と土曜日。
12月から2月末までは火木土。
3月は水曜日と土曜日。
最終週は土曜日のみ。

こんなシフトでレギュラーを立てるのは本当に難しい状況ではありましたが、なんとか穴を開けずにまわせたのは本当に奇跡のような状態でした。

内容自体は例年と特に大きく変わることもなく、毎朝8:30にスタンドに出勤し、当日のリスト、釣り銭をもらい、配達分の灯油のポリ缶を詰めこみ、配達を開始。
例年経験があるだけに、資材の位置やポリ缶の位置なども慣れたもので、担当の店員さんたちもほとんど変わりがなかったため、かなりスムーズに入っていけました。
昨年度のドライバーも極力経験者をあてがったため、お互いに連携も取りやすく、何の問題もなかったため、急なトラブルや大雪で配送が難しいなどの時も比較的大きなクレームもなく、スタンドの店員さんとの連係プレーで乗り切ることができました。

スポンサーリンク


ともかく、この年で3年目ということで一通りの実績を積んだおかげで、親会社からも毎年うちの会社に丸投げ状態で、穴を開けないといううちの会社内の連係プレーについては一目置いているようでした。

メンバーはある程度回転しましたが、そのおかげで「入れるドライバー」を増やしておいたことが最終的に功を奏した形になりました。

この形はのちのち、いろいろな仕事でも発揮することになりますが、このときの自分からすればある意味必死でそこまで考えている余裕はありませんでしたね(汗)
灯油の配送プラス他の仕事を走る!ということはもはや日常茶飯事の事態で(汗)特に年末に至っては、くる仕事来る仕事をひたすらこなすのが精いっぱいでした。。

そういった中で季節ものではありますが、灯油の配送は本当に重宝しました(笑)
自分の最初の仕事ではありましたが、ここまで定着するとは思いませんでしたし、自分の考えがそのまま実現した形にもなりましたので、この仕事は依頼がある限り続けていきたいな、というのが本音でしたね。

仕事の説明というよりも感想に近い形になってしまいましたが、ともかく、3度目の灯油の配送でした。。

軽運送の遍歴に戻る