このお仕事、前回の花の配送と同じような感じかな?
と思って快くOKを出していたんです。

ところが、、、

当日はいつもの営業さんと近くのコンビニで待ち合わせ。
そこから移動し、現地に入ってみると、、
ほぼ、工場。
といった方がいいくらい大きな敷地と大きな建物でした。

前回が個人商店だったので、今回もそんな感じだろうとたかをくくっていたところ
完全に当てが外れました。。

この日は2台の依頼だったようで、もう一人は年配の方でした。

いつものように顔合わせだけ済ませると、営業さんは去っていきました。
残された私たちに教育係として、背の低い年配の元気な方があてがわれました。

その人の後ろを金魚のフンのようについて回りました。
まずは、花の飾りを工作する仕事。。
つぎに水をつけるスポンジのようなものをひたすら水をつける仕事。
大型トラックに花を積み込むお手伝い。
帰ってきたトラックの荷おろし。
ほぼ枯れているのでゴミ捨て。
水を吸っていただろうスポンジくん、緑の粉砕処理作業。。

ほぼ雑用を午前中はやっていました(汗)

そんな中、配送が出ました。
お盆のお花を置いてくるお仕事です。
最初の時は教育係の方の横にのってどんなものかを見てきました。
お盆だけに、なくなった方の祭壇の両脇にお花をお供えしてくる仕事です。

前回のお仕事とは全く内容が違います。。

急がなくていいから、水をこぼさないように。。
と注意を受けました。

ともかく、お客様の家についてからがとても緊張しました。
無事にお供えが終わると、お花の手入れの注意事項をお客様にお伝えして、丁重に引き上げます。

お盆ですので外は真夏です。。
お客様の家の中では冷房がガンガンにかかっていることも
少なくありませんので、涼しいのではありますが、緊張してしまうので汗がひきません。
そして、1件終わって車に戻ると、ほっとはしますが今度は灼熱の室内。。
汗がひきません。。

スポンサーリンク


この繰り返しなのかと思いましたが、この日はこの1件だけ。。

後はひたすらに内勤の作業をしていました。

お昼、ここのお仕事では自分で食事に行くようで。
もう一人の人と一緒に定食屋さんに行きました。

普段やらないお仕事は知らない人と出会えるので楽しいですね。
今回の方は7月(このときは8月の真ん中)に軽運送を始めて、自分で車も用意したのに
この仕事が初めてだとか。。
よく生きてこれたなと思いましたが。。

で、この仕事も5日間のみのスポットのお仕事でした。
このまま8月もこの仕事が終わった後は何も予定が無いそうでした。。

年齢が60歳を越えているというだけでなかなか仕事にたどりつくまでは険しいようでした。

この日は研修の1件のみで終わりました。
9:00~18:00のお仕事でしたので18時になって終了となりました。

この仕事、お盆のみの仕事ではありますが
初日2台の後、2日目は3台、3日目は5台、4・5日目も5台とかなりの台数の依頼でした。

残りの方たちの中には去年やったというドライバーの方もおりました。
ただ、最終日に4~5件行ったかな?
あとはほとんど内勤作業ばかりでしたね(汗)

配送も本当はもっとあるのかもしれませんが、
本当はもっと人が足りないくらい出っぱなしを想定していたのでしょうが
ほぼ内勤で汗を流したという記憶しか出てきません(涙)

正直、翌年は自分は携わりたくないなぁと思っておりましたが
予想通り(笑)、いつもの営業さんから連絡があり
私は行きませんでしたが、他のドライバーが行くことになったのでした。。

この仕事、毎年やってくるでしょうね(汗)

ともかくも、花の配送?のお仕事でした。。

軽運送の遍歴に戻る